教材販売

すぐに授業で使えるSTEAM英語のワークシート付指導案を販売しています。

■ 英語と理科からのアプローチが可能
■ 実験を通して英語に触れる(Task-Based Learning)
■ 簡単な指導案を含む説明書とワークシートのセット
■ 理科力と英語力に応じた3レベル
■ 小学生から大人まで

STEAM英語教材の特徴

考える力の醸成

STEAM英語の教材は、理科を軸にした授業展開を想定しています。合理的な方法で知りたいことについて調べることが出来、正確な情報を見極められる力が大切です。これは、疑問を抱き、仮説、推測、考察などを考える力の涵養と、そののびのびした発言に繋がります。また、実験や調査の最後にはレポートを書きます。実験レポートは、誰が読んでも正確に理解でき、同じ実験を再現できるものでなければいけません。そのため、論理的かつ簡潔で明白に書くためのトレーニングになります。

モノ・コトが主役の英語

STEAM分野の主役は私たちではありません。私たちの目に映るモノやコトこそが主役なのです。ここが一般的なコミュニケーションを中心とした英語との大きな違いです。手を動かしながら、目で見ながら単語を理解し、動詞を把握していきます。繰り返すことで定着していきます。

教材の購入

科学技術の様々なトピックをご用意しています。スキマ時間に差し込めるようなショートバージョン(20分程度を想定)、しっかりめのロングバージョン(60分程度を想定)があります。ショートバージョンは、じっくり深く進めていけば、60分程度の授業の教材として十分にお使いいただけるものです。

現在販売中の教材はこちら

実験資材は身近に入手できるものばかりですが、もし入手できない場合はご相談下さい。その他ご不明な点があれば、お問合せください。

空気の流れの実験のロングバージョンのみ無料で提供しています。ぜひ教材を手に取って、内容をご確認下さい。

無料教材をみる

教材のサポート情報

教材の使い方や実験の詳細についてはInstagram等で配信しています。ぜひチェックしてください。

なお、ご自身の生徒さんに対してどう展開すべきか悩まれる場合には、個別にご相談ください。

教材活用ワークショップ

レベルの目安

レベル
(CEFR)
具体的内容
超初級[A1] 小学生高学年程度の理科の知識があること。アルファベットや簡単な単語が理解できるレベル。モノや現象を観察し、調べ、発見したことを表す単語を学ぶ。疑問を持ち自分なりに考えるよう促す。講師の英語を聞き、講師と一緒に発音することで英語に慣れる。
初級[A1-A2] 小学校卒業程度の理科の知識があること。日常的な表現や単語を使った短い文を理解できるレベル。実際に手を動かしながら、目の見たことを基本構文を用いて英語で表現することを繰り返し練習、自分の力で基本文法や基本構文を使った文を話したり書けるようになる。
中級[A2-B1] 実験結果についてより深く考察するため、中学初級の理科の知識と理科への興味があること。基本文法や基本構文が身につきつつあり、ある程度長い文を理解できるレベル。STEAMの活動を通して、論理的な英文の組み立て方の基礎を身につけ、自分なりの説明文を英語で仕上げられるようになる。