About Us

Mission

理科が好きな子どもの英語学習をサポートしたい

STEAM(スティーム)は、科学(Science)、技術(Technology)、工学(Engineering)、アーツ(Arts)、数学(Math)の頭文字を取った造語です。「STEAMは理系ってこと?」と思われた方もいるかもしれません。確かに STEAM は理数系分野を重視しています。しかし、その本質は、複数の分野を融合することで相乗効果を生み出し、学びを活性化させることにあります。

いま子ども達を取り巻く環境が急速に変化しています。予測が難しい世の中を生き抜くためには、課題を見抜く力、柔軟な発想と独創性を持って課題を解決に導く力、それを人に説明出来る力が不可欠です。私たちは、理科や科学技術が好きな子どもたち、このような不確かな社会で「生きる力」の芽を抱えていると確信しています。だからこそ、英語というコミュニケーションツールを習得することが一層重要なのです。科学技術分野における日本の存在感は薄れつつあります。新しい情報を得たり、世界へ自分から情報発信していくためには、英語は必須スキルだと言えます。そこで私たちは、CLIL(教科を通して英語を学ぶという教育手法)を参考に、STEAM(理科/科学技術)と英語を組み合わせた授業を考案しました。実際に見たり、ものを作ったり、観察したり、図表を書いたり、本や記事を調べたり、理科好きな子ども達の「やりたい!」という好奇心を刺激し、自ら学び、考える力を鍛えます

STEAMと英語の相乗効果について深く知りたい方は、こちらをお読み下さい。



STEAM ENGLISH LAB.からの
メッセージ

人にはそれぞれ個性があり、大人になれば進む道も異なっていきます。英語が他の教科と違うのは、異なる分野に進んでも縁が切れないという点です。でも、英語を使う場面や目的は、きっと少しずつ違います。だからこそ、英語を学ぶための多様なアプローチがあったらいいなと思っていました。

STEAM ENGLISH LAB.の講座は、STEAM分野について英語で学ぶ講座です。実際に手で目で感じて、考えることを楽しむことは、学ぶことの面白さに気づき、今までにない新しい視点を得られる機会になるはずです。

代表

Message

「理科の教室ですか?英語の教室ですか?と聞かれますが、理科と英語の教室でありたいと思っています。理科を英語で楽しく学びながら、お子さんたちが、将来英語を使って勉強したり働いたりする自分自身の姿を想像できるようにサポートします。」

好きなこと:アイリッシュダンス、着付け、水引アクセサリ作り、ミュージカル

副代表

Message

「これまで多くの方と幸せな巡り合いがあり助けられてきました。これからは若い世代の先生と子どもたちの応援をして恩返しです。」

株式会社STEAM ENGLISH 代表
■ 英語や理科の指導者にSTEAM材料導入を推進するFBグループ「英語でSTEAM!」を運営

好きなこと:何かを読んでいること、プチおしゃれ、ピアノ