Science in english手を動かしながら学ぶ

理科が好きな子の多くは、実際に目で見たり手で触ったりして、物事を観察したり分析したりするのが得意です。一方で、物語や会話など形のないものを想像したり読み取ったりすることは苦手だったりします。理科好きの子が英語で苦戦する理由の一つは、現在学校や塾で行われている英語の授業が、文化やコミュニケーションに偏ったものになっていることです。だからこそ、理科が好きな子が楽しく英語を学べ、その先理科を学ぶ上で役立つ「理科(STEAM)を軸にした英語の授業」を作ろうと誕生したのがSTEAM英語の授業です。最大の特徴は、実験や調査を行い、実際に目の前で起こった事象を、理科の目線で分析したり、英語で表現したりすることを同時に行うプロジェクト型の授業です。これはまさに現実と学びが交錯する瞬間です。実験や観察を通して、生きた英語を学べるばかりでなく、論理的思考力や問題解決力も身に付けられます。楽しみながら教科横断的に学ぶことで、子ども達の学習意欲を高め、主体的に学ぶ姿勢を育みます。

WHY理科と英語は相性が良い

英語は文の骨組みがしっかり決まっています。主語(S)の後に動詞(V)、動詞によっては後に動作の対象(O)を取ります。SVあるいはSVOという順番でなければいけませんし、日本語のようにSを省略することは原則できません。このSVやSVOという骨組み(基本文型)を理解し、使いこなせるようになるための練習として最適なのが理科の題材です。理科分野の英文はシンプルです。小説や旅行記のように誰かを感動させたり驚かせたりすることが目的ではありません。見たことや考えられることを客観的に短く正確に伝えるのが目的だからです。どうしたら相手に伝わるシンプルな文が作れるのかを考えながら英語の組み立て方を学ぶことは、英語だけでなく日本語での表現力も鍛えられ、社会で十分に通用するコミュニケーション力を得ることにつながります。

 

VOICE生徒や教員・保護者の声

理科の現象を表現するという目的がはっきりしているので、ただ英語の文法を勉強するより楽しく、モチベーションが上がった!(中学生)

「英語と工学の両方を並行して学んだので大きな達成感を感じた(高校生)

興味を引く内容が目の前で起こり、それを英語で表現していると言う点が、生徒のモチベーションを上げていた。」(教員)

自分で調べたり、積極的に取り組む姿勢が見られるようになりました。」(保護者)

LESSONS授業のご案内

理科を題材に授業を行います。理科の実験や調査は「やって終わり」ではありません。「なぜ」を考え、記録に残す(レポート作成)までがセットです。実験後には、英語で実験レポートにまとめたり、口頭で発表したりする機会も設けます。考える中で登場する生徒のひらめきや意見を大事にしながら進めていきます。生徒が受け身で学ぶのではなく、自ら考えながら参加する授業スタイルです。まずは、理科を通じて英語に親しむところから始まりますので、理科が好きな子であれば誰でも参加できます。

ABOUT USSTEAM ENGLISH LAB.について

理科好きな子どもや大人が楽しく英語を学べる、STEAMと英語を組み合わせた教科横断型の英語授業を提供しています。社会経験豊富な英語教授資格を持つ講師が指導します。

See more